日に日に寒さが増してきて、もう今年もコートの出番ですね。

「面接の時、コートってどうしたらいいんだろう?」

そんな疑問を抱いている方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、面接時に好印象を与えるコート選びと、マナーについてお話したいと思います。

好感を持たれるコートってどんなの?

cort.jpg
絶対にコレじゃなきゃダメ!というものはありませんが、無難なのは、トレンチやステンカラーのコート。
色も、黒やグレー、ベージュなどペーシックな色を選ぶと安心です。

できれば、カジュアルなダッフルコートやファーが付いたコートなどは避けましょう。
男性なら、スーツの上着よりも長い丈のものを、 女性ならスカートよりも少し短い丈が一般的です。

とはいえ、コートを着たまま面接を受けるわけではないので、 派手なものやカジュアルすぎなければ、それほど問題ありません。
それよりも、大切なのは、マナーです!

コートはいつ脱いで、いつ着るの?

会社に着いたら、建物に入る前に脱ぐようにしましょう。
ビルの一室であれば、受付に入る前には脱いでおきましょう。
その時に、脱いだコートはたたんで腕にかけます。

面接時は、さらに小さくたたんで、鞄の上に。
ちなみに、鞄は、自分が座る椅子の右わきの床に、立てて置くようにしましょう。
この時、鞄からコートが床にずれ落ちないように、できるだけコンパクトにたたむのがコツ。
丸めて置いたり、椅子にかけたりするのはNGです!

コート掛けや荷物を置く場所を案内されたら、利用させてもらいましょう。

面接が終わったら、外に出るまでは我慢。 脱いだ場所と同じように、建物の外で着るのがマナーです。
「寒いので、こちらでお召しになってください!」 と声をかけていただくこともあります。
そんな時は、軽くお礼を言ってから厚意に甘えてしまいましょう。

マフラーや手袋は?

boushi.jpg
もちろん、コートと同じように、建物の外で脱ぎ着をします。
ただ、マフラーなどを引きずってしまってはみっともないので、 できるだけ鞄の中にしまっておくのが無難です。

これから購入予定のある方は、あまりかさばらないようなものを選んではいかがでしょうか。

2016/11/11