今回は、女性活用のために企業ができることについて、まとめてみました。
現在職場に女性がいらっしゃる場合も、これから採用を考えている場合も、参考にしていただけたら幸いです。

よくある悩み

  • 女性の計画的な採用ができないため、入社した女性もすぐに辞めてしまう
  • 仕事と家庭の両立が難しい
  • 女性に対しての教育の仕方が分からない
  • 残業が多く女性が働きやすい環境ではない
  • 出産、子育てを経て復帰したい女性がうまく職場に馴染めない

女性の活用が盛んに話題になっている昨今。
とは言っても、多くの企業でまだまだ女性に対するネガティブな考え方が残っていることも事実です。

「結婚や出産でいつかは辞めてしまう」
「女性は補佐的な仕事をするものである」

そんな会社の考え方や、育休・産休などの制度が実際に運用されていないことで、女性のキャリアアップができていないという現状もあります。
また、会社の制度があり風土が良くても、結婚している男女双方の会社がそうでない場合、制度の活用がしづらい、などの問題もあります。

128c8e0a211f9e5210e9bfe6d074c973_s.jpg
働く女性の視点で言うと、

「活躍している女性の先輩が大変そうだからキャリアアップはしたくない」
「出産、子育て中は突発的に休まなければいけないことも多く、働きづらい」
「仕事の範囲が決まっている、やりたくてもやらせてもらえない」

そんな悩みがあるようです。

企業側としては今後労働生産人口が減っていく中で、女性の活用は取り組んでおきたい事柄です。
それでは、どうしていけばより活躍してもらえるのでしょうか。

女性の活用をしていくためにできること

育成について

キャリアプランを見せる、会社の期待を伝える
a43c687fa366307245ea35b52846fd6b_s.jpg

自分は会社にとってどのような存在なのか、何を期待されているのかをきちんと伝えることが重要です。
存在価値を認識、共有した上で、長期の目標を設定し、人生・キャリアについて考えることで長く勤めていただけます。

職場復帰をうまくしてもらう

チーム制にする
ある企業では、仕事を2人担当のチーム制にすることで、出産や育児を経た女性でも復職がしやすいような環境づくりを行いました。
休んだ場合は、その分「フォローした人に手当をプラスした」、なんて制度づくりも、既存社員の不満払拭になったようです。

手当の支給

上記のほかに、"休んだ人には手当を支給する"といった珍しい手法を取り入れている企業も。
どうしても休まなくてはいけない時、一番つらいのは本人です。
手当を支給することで休む人が増え、気軽に休みやすい雰囲気となったそうです。

残業削減の取り組み

女性の働き方について制度を整えるだけでなく、男性側の長時間労働を減らすことも必要です。
男性側の企業で長時間労働が多い場合は、どうしても家事や育児の負担が女性に傾き、女性の職場復帰が難しくなります。

最後に
c915945b78e8e6f7c801fab3745f4961_s.jpg

女性が活躍していくために必要なことをお伝えしていきました。
社会全体の働き方を考えることで、女性の活躍に繋がりそうですね。
総労働人口が減る中で、多くの女性が強みを活かせるような環境になることを願います。