新卒採用を積極的に行っている企業情報を、求人情報とは違う目線でお届けします!
この企業をもっとり知りたいと思ったら、社長インタビューや会社HPも見てみてくださいね。

asil.jpg

株式会社エイシル 代表取締役 長谷川 雄一

11名のエンジニアが「現場で働くエンジニアが本当に大切にされる会社を創りたい」という想いのもと、2003年に設立したエイシル。
「千葉県経営革新計画」や「ひまわりベンチャー育成基金」の承認を得るなど、新しい取組みも評価されています。

業界の動向と自社の取組について

14年前に11名で始めた会社も社員85名を超えるほどになり、新卒も定期的に採用できるようになるなど、順調に成長しています。
成長の要因は大きく2つあると考えていますが、1つはビッグデータやAIなど、新しい分野に活躍の場が広がり、IT業界に活気が出てきていること。
もう1つの成長要因は信頼を積み重ねて来たことだと思います。

当社は、お客様のニーズに合わせて現状のシステムや仕組みをカスタマイズする「技術力」に定評があり、それが強みだと考えています。
お客様に満足いただいた結果、仕事が大きく広がったり、お客様をご紹介いただいたりと、長年継続的に信用を積み重ねてきました。
この過程で、技術力はもちろん、コミュニケーション力や設計力、マネジメント力への高い要求があり、そこにお応えできるように努力することでさらにレベルアップするという好循環が生まれています。
お客様に育てていただいているという思いが強いですね。


人材採用について

IT業界の最近の特徴として人材採用の難しさがあります。
その中で、会社説明のプレゼンの仕方や役割分担など、採用チーム全体でしっかりミーティングし、よりよい結果を出せるように取り組んでいます。

また、会社説明では会社のアピールはもちろんですが、仕事の厳しさを伝えることも。
特にエンジニアという仕事が学生の皆さんにはイメージしづらいこともあるので、出来る限り誤解のないように、ミスマッチを避けることが重要だと思っています。

もう1つ、これは当たり前のことだと思いますが、応募者と真摯に向き合うことを大事にしています。
たった1回の面接ですが、当社に入社することでどんな将来像があるのか?、どんな働き方があるのか?をしっかり話すようにしています。


教育について

社員教育にはとても力を入れています。新人には基礎をしっかり学んでほしい、という思いで育成しています。
技術的なスキルアップはもちろん、企画力、コミュニケーション力、マネジメント力など、様々なテーマに関する研修に参加したり、社内分科会を作ったりと積極的に勉強の機会を作っています。
この分科会活動は弊社の昔からの文化。
創業時から途切れることなく行っているのですが、勉強意欲の高い社員が多いのでとてもありがたいと思っています。

スキルアップと合わせて一番大事だと思っているのが、エンジニアとしての将来像についてしっかりイメージできるようにしておくこと。
IT業界は変化がとても早いのでアンテナを高くしておかないとあっという間に取り残されてしまいます。
情報収集、技術習得、サービスへの活用方法などをしっかり検討し、差別化のできる会社にしていきたいですね。

取材担当者の声

George.jpg設立してから順調に社員数、売上を伸ばしている同社。
新卒、中途問わず採用活動を行っており、未経験から教える風土が整っています。
みんなで一緒に成長する、そんな雰囲気の中、エンジニアとして働きたい方は、ぜひ求人ページへ足を運んでみてください!
株式会社エイシルについて
社長インタビュー https://chiba-ceo.com/int/cat07/asil
会社HP http://www.asil.co.jp/
前年度採用情報 システムエンジニア(アプリケーション開発)

社長インタビュートップへ