最近よくニュースなどでも取り上げられている「働き方革命」という国の施策があります。この働き方革命の施策では副業・兼業が解禁され、国の施策として副業・兼業の促進が進められることになりました。
企業でも副業を認める内容に就業規則の見直し、書き直しが始められています。
副業が推進される中で注目されている働き方が「パラレルキャリア」です。
最近では自分をパラレルワーカーなど名乗る人もでてきており、今後パラレルワーカー、パラレルキャリアについて話題になることも多くなるでしょう。

woman_free.jpg

パラレルキャリアとは

パラレルキャリアとは、実は以前から存在していた言葉です。パラレルキャリアを提唱したのは経営学者として有名な"ピーター・ドラッカー"です。
ピーター・ドラッカーはパラレルキャリアを『本業を持ちながら、第二の活動をすること』と説明しています。
パラレルは英語で「parallel」と書きます。意味は"並列・平行"などです。

パラレルキャリアは第二の活動との定義があります。これが副業と大きく異なる考え方です。
「副業」「パラレルキャリア」の大きな違いは、収入に対する考え方です。副業は収入を得ることが目的となりますが、パラレルキャリアは収入を得ることだけが目的ではありません。本業+α(本業とは別のキャリア)の考え方です。本業で収入の基盤を作り、本業では実現できない夢を叶えたり、ボランティアなどで社会貢献をすることです。
例えば、

  • 会社員をやりながら世界一周旅行
  • アマチュアのゴルフ大会で優勝
  • ブロガー
  • 起業準備

など。

パラレルキャリアのメリット・デメリット

パラレルキャリアという本業以外のキャリアを持つということのメリット・デメリットについてご説明します。

パラレルキャリアのメリット

・夢に挑戦することができる

学生時代に誰もが一度は夢を持ったことがあると思います。例えば「プロのスポーツ選手になる」「プロのミュージシャンになる」。
ただ、現実は金銭的な事情や、社会人になるタイミングで夢を諦めてしまった方でもパラレルキャリアなら新たに挑戦することができます。
または、これからプロを目指す子どもに教えるというボランティア活動ができるかもしれません。
これは、本業で安定した収入と地位があるからこそ挑戦できることです。

・新しい人脈を増やすことができる

パラレルキャリアの活動を始めると、自然と会社とは違うコミュニティに属することになるでしょう。
新しいコミュニティに属すると今までは異なる新しい人脈を作ることができます。

・パラレルキャリアは誰でも始められ、始めやすい。

本業を辞めるわけではないので、経済的な不安がありません。また収益を目的としていないため気軽に始めることができます。

パラレルキャリアのデメリット

・時間を使う

本業以外の時間を使った活動になるため、プライベートの時間をパラレルキャリアの活動に充てる必要があります。

・結果を出すまでに時間がかかる

選ぶキャリアによってはスキルの習得まで時間がかかり、自分の納得いく結果を出すのに時間がかかる場合があります。
自分が納得できるゴールをあらかじめ設けておくと良いでしょう。

・お金がかかる

パラレルキャリアの特徴でもありますが収益を上げることを目的としていないため、パラレルキャリア活動には出費がかさむ場合もあります。
あらかじめどれぐらいのお金がかかるのか、どれぐらいのお金をかけられるのかを考えておく必要があります。

パラレルキャリアの始め方

パラレルキャリアを始めるうえで大切なことは、「自分のやりたいことに挑戦する」ことです。誰かに合わせて始めることではありません。
パラレルキャリアはなんでもいいのです。なんでもいいと言われると難しく考えてしまう方もいるかと思いますが、難しく考えすぎないでください。
「自分の好きなこと・得意なこと」の洗い出しから始めてみてください。または「チャレンジしたい」こと。パラレルキャリアはなんでもありです。

まとめ

パラレルキャリアについてご説明させてもらいました。
今後、パラレルキャリアの考え方や活動も広まっていくでしょう。
副業とは違い、収益を目的としないパラレルキャリアだからこそ「好きなこと」「得意なこと」「挑戦したいこと」できることから始め、第二のキャリアを楽しんでください。

作成:八尋ハンナ
日本・香港での人材紹介会社と海外医薬品の営業経験を活かし「転職」「働き方」「海外生活」「海外医薬品」「AGA」に関する記事の執筆が可能。趣味は海外旅行と読書。

作成日 2018/06/28

bn_touroku.w.png