2018年4月からスタートされた「無期転換ルール」をご存知でしょうか。
無期変換ルールとは、一定の条件を満たした有期雇用契約にて働いている方が無期雇用契約に雇用契約を変更することができるようになる新しいルールです。特に現在有期労働契約にて働かれている方にとっては重要になる労働契約になります。
こちらの記事では無期転換ルールについて詳しくご説明します。

woman_file.jpg

無期転換ルールとは

無期契約ルールとは、改正労働契約法にて規定され2013年4月に施行されました。
同一の企業にて1年更新などで有期契約を結び5年以上反復更新された場合、労働者が企業に無期労働契約への転換を申し立てることができるようになるルールです。また無期転換ルールを申請できる条件を満たしている社員からの申請の場合、申し立てを受けた企業は申請を断ることができません
対象となる有期契約労働者とは、契約社員やパートタイム、アルバイトなど契約期間が定められている社員のことを言います。
この無期転換ルールが施行されたのが2013年4月のため、2013年4月から有期労働契約を結ばれていて契約更新をして5年目を迎え、無期転換ルールを申請できる方が現れるのが2018年4月以降となります。

派遣社員は無期転換ルールは適用されない?

こちらの記事では、働いている企業と直接契約されている有期労働契約を結ばれている有期契約について説明しています。
派遣社員の場合は、雇用主は派遣元の派遣会社となります。そのため無期転換を申請する相手は派遣会社です。また 派遣社員は派遣労働法の影響受けるため3年ルールが存在するため無期転換ルールと異なります。

無期転換ルールへの申し込む条件は?

無期転換ルールへ申し込むには以下の3つの条件を満たす必要があります。

同一企業で契約期間が合計で5年以上

同じ企業(雇用主)の元で合計で5年以上の有期労働契約を結んでいること。
例えば、3年ごとの有期労働契約を結んだ場合、2回目の契約を結ぶ際、契約満了日が最初契約を結んだ日から6年目となります。この場合は、1回目の更新の時に無期転換ルールを申し込む権利が発生することになります。

現在契約期間中である

過去に5年以上働いたとしても、無期転換ルールを申し込む段階で契約締結期間でない場合は無期転換ルールの申し込みはできません。また、2013年4月以降に有期契約を結んだ方が対象となります。

1回以上の契約更新

無期転換ルールを申し込むには1回以上の契約更新が必要となります。

無期契約労働者になるメリット

有期労働契約者ではなく無期契約労働者になるメリットは大きく2つあります。

長期的なキャリアの形成

無期契約労働者になることで、同一企業での長期的キャリア形成が可能になります。知識やスキルなど身につけ会社に貢献したり将来の展望がしやすくなるため積極的に働くことができるようになります。

更新を心配せずに安心して働ける

有期労働契約の場合、翌年以降の契約に対して不安を抱える場合があります。無期労働契約になることで更新を気にせず働くことができ、安心して生活を送ることが可能になります。

まとめ

これから本格スタートされる無期転換ルールについてご紹介しました。
さいごに、無期転換ルールを申し込むための3つの条件についてまとめさせていただきます。

・同一企業で契約期間が合計5年以上
・現在契約期間中である
・1回以上の契約更新されている

今有期労働契約で働かれている方も、これから有期労働契約で働く方にとっても生活に影響する重要な法律となるので知っておいて損はないルールになります。

作成:八尋ハンナ
日本・香港での人材紹介会社と海外医薬品の営業経験を活かし「転職」「働き方」「海外生活」「海外医薬品」「AGA」に関する記事の執筆が可能。趣味は海外旅行と読書。

作成日 2018/06/20

bn_touroku.w.png