昨今、日本全体の問題となっている人口減少。人口減少と比例して進んでいるのが労働人口の減少です。
そんな中、国の施策として「働き方」の見直しが始まっています。最近では当たり前に聞くようになったワークライフバランス。この言葉が浸透してきたのも働き方を変えたいなどそんな潜在的な需要が表に出てきたからでしょう。
ワークライフバランスを整え、労働人口の確保のためになる制度として作られたのが「短時間正社員制度」です。

短時間正社員制度とは?

短時間正社員制度とは、正社員であるけどもフルタイム正社員より所定労働時間が短い正社員のことです。

短時間正社員制度ができるまでは、正社員は以下2つの条件を満たす必要がありました。

  • 雇用主と無期労働(正社員)契約を結んでいる
  • 所定労働時間が1週間で1日8時間・週5日勤務の40時間程度

しかし、短時間正社員制度は上記の所定労働時間の定めがなくなります。短時間正社員とは以下の2つを満たす社員のことをいいます。

  • 雇用主と無期労働(正社員)契約を結んでいる
  • 時間当たりの基本給、賞与および退職金等の算定方法等が同じ職種のフルタイム正社員と同じである

短時間正社員制度は、正社員としての待遇の恩恵を受けながらライフスタイルの合わせた働き方ができます。
企業側と労働者、両方にとってメリットのある新しい働き方の制度です。

産休・育休後の短時間制度との違い

短時間労働制度と産休・育休後の短時間勤務が同じように思われることがあります。産休・育休後の短時間勤務は「育児・介護休業法」の対象となり、短時間正社員制度とは別です。
短時間正社員制度と、産休・育休後の短時間勤務の大きな違いは短時間勤務に期限が有るか無いかということになります。
短時間正社員制度は、短時間勤務を続けることに期限はありません雇用契約を結ぶ時から定年(退職)まで短時間勤務が可能となります。

短時間正社員制度のメリット

女性が短時間正社員制度で働くメリットを3つご紹介。

・短時間勤務ながら正社員と同等の待遇

短時間正社員制度の必須条件でもありますが、他の正社員と同等の待遇で働けるということです。 会社にボーナスや退職金制度があれば、短時間勤務正社員でも他の正社員と同じに受け取れます。
また、無期労働契約のため突然解雇されたりすることもないため将来設計が立てやすく安心して働けます。

・ワークライフバランスが取りやすい

仕事以外に自分の時間をフルタイム正社員より多く確保できるようになります。介護や育児以外にも趣味や自分のために時間を使えることができるようになりワークライフバランスが取りやすくなります。

・キャリア形成が可能

家庭事情により正社員で働くことが難しく諦めていた人たちにとって、短時間正社員制度では、「正社員」として働くことが可能です。 1社でのキャリアアップだけでなく、転職を考えた時に履歴書に「正社員」として職歴と書けることは、転職活動で有利になりキャリア形成が可能になり新たな挑戦ができるようになります。

短時間正社員制度のデメリット

短時間正社員制度は、新しい制度になります。メリットだけではなくデメリットもあることを理解しておいてください。

・同僚などから理解されない場合もある

フルタイム正社員として働いている同僚からは、家庭事情があるとしても、短時間勤務で自分と同等の待遇を受けている正社員と考えるとなかなか理解されないこともあると思います。 短時間勤務になる分、与えられた仕事を効率よく終わらせ、周りから仕事を認められる必要があります。

・短時間勤務とはいえ他の正社員と同じ扱いになる

短時間勤務とはいえ、会社は他の正社員と同じように扱います。そのため短時間勤務を理由に仕事を断ることはできません。短い時間で結果を出すことを求められるため責任感が必要となります。

まとめ

短時間正社員制度が導入されている企業はまだ少ないです。しかし、介護問題や、共働き家庭が増えたりなど、企業も労働人口確保のため短時間正社員制度の導入が必要になるケースが増えるでしょう。
また、短時間正社員制度を利用することで正社員として働くことを諦めていたかたにとって、キャリア形成も可能になるため労働者にとっても企業にとってもメリットの多い制度です。今後、短時間正社員制度は、女性の働き方の選択肢の一つになっていくでしょう。

bn_touroku.w.png

作成:八尋ハンナ
日本・香港での人材紹介会社と海外医薬品の営業経験を活かし「転職」「働き方」「海外生活」「海外医薬品」「AGA」に関する記事の執筆が可能。趣味は海外旅行と読書。

作成日 2018/06/29