女性にとって「結婚」は一つのターニングポイントになる場合があるでしょう。
なぜ結婚がターニングポイントになるかというと、結婚を機に転居したり、専業主婦になり会社を辞める方もいます。
結婚というライフイベントを迎えるにあたり多くの女性が「働き方」を見直すタイミングとなるからです。
こちらの記事では結婚後の働き方について紹介させてもらいます。ぜひご自身の働き方を考えるときの参考にしてください。

結婚前と後で何が変わるの?

結婚前と後何が変わると思われますか。
「結婚前と後で何が変わるの?」この回答は人によってさまざまだと思います。
きっと"何も変わらない"と思う人もいて、"全てが変わる"と思う方もいるはずです。
例えば、結婚を機に転職を考える方

  • 結婚相手の方と休みを合わせたい
  • 残業が少なくワークライフバランスを取れるようにしたい
  • 産休/育休の制度が整っている長く働ける会社で働きたい
  • 正社員になり収入を安定させたい

ほか、専業主婦を希望される方

  • 結婚相手の方が転勤の多い職種の場合
  • 家事を最優先にしたい

などが結婚を機に働き方を変えようとする理由の一例です。

実際、結婚を機に仕事に対する優先順位が変わったり、結婚をすることで長期的なライフプランを考えるようになります。

結婚後の働き方はいろいろ人それぞれ

結婚後の働き方は人それぞれ選ぶことが可能です。
正社員・パート・派遣・フリーランスの働き方についてご説明します。

「正社員」で働くメリット・デメリット

正社員で働く場合のメリットは、雇用が安定しており将来設計が立てやすいでしょう。
一つの会社で長く働けるためキャリアが積みやすくなります
デメリットは、拘束時間が長いことです。そのため家事と仕事の両立が難しいと考える場合もあります。

「パート」で働くメリット・デメリット

パートで働くメリットは、ワークライフバランスが取りやすくなります。また扶養家族内で働くなど働く時間を自分で調整できます。
デメリットは、パートは有期労働契約になるため契約期間後の雇用の保証がありません。そのため将来設計を考えた時不安に思う方もいます。

派遣で働くメリット・デメリット

派遣で働くメリットは、パートと同じく働く時間を自分で選ぶことができ調整できます。また、派遣会社によってはスキルアップ講習など開催している場合もありご自身のペースでキャリア(スキル)アップをすることが可能です。

デメリットは、パートと同じく有期労働契約のため契約が打ち切りになってしまう可能性があります。また、オフィス勤務ではありますが派遣法により1社同ポジションでの長期勤務が不可能なため1社でのキャリア形成は難しいです。

フリーランス(起業)メリット・デメリット

フリーランスのメリットは、働く時間、場所も自由に選ぶことが可能になります。会社員としてのキャリアとは異なりますが、自分の得意なこと・好きなことを仕事にでき第二のキャリアを歩むことができます。
デメリットは、正社員、パート、派遣に比べると収入が不安定になります。

自分らしい働き方の見つけ方

上記でご紹介した通り、働き方はひとそれぞれ選ぶことが可能です。どの働き方にも多少なりともメリット・デメリットはあります。その中で「自分はどうしたいのか?」と考え自分の理想の生活を実現できる働き方を探してみるのはいかがでしょうか。
今までは自然と仕事ありきで生活を考えていたと思います。少し変えて、生活ありきで働き方を考えてみると視点が変わり新しい発見があるかもしれません。

まとめ

日本では、労働人口が減り人手不足になっている会社が多くあります。人手不足の背景から労働力確保のため「働き方革命」などの施策が始まっています。
また、女性が働きやすく長く働けるような制度も増えてきました。
きっと今後、女性は今より働き方を自由に選ぶことができるようになるでしょう。

bn_touroku.w.png

作成:八尋ハンナ
日本・香港での人材紹介会社と海外医薬品の営業経験を活かし「転職」「働き方」「海外生活」「海外医薬品」「AGA」に関する記事の執筆が可能。趣味は海外旅行と読書。

作成日 2018/07/20