結婚と転職を同時にすることは不利という話を聞くことが多いと思います。
でも実際本当に不利なのか、なぜ不利と言われているかについてご説明します。

woman_wedding.jpg

なぜ結婚と転職が不利と言われているか?

結婚と転職を同時にすると不利という意見が多いと思います。特にインターネットで検索するとそういう記事がありますよね。
では、なぜ結婚と転職を同時にすると不利と言われているかご存知でしょうか。
理由は大きく2つあります。

妊娠のため長期休暇に入られる可能性がある

妊娠は、おめでたいことではありますが中小規模の会社では手放しに喜べません。
産休・育休と取得するということは前提として休暇が終わり次第復職するということになります。そうなると休暇の間に増員することができず、他の社員で産休育休期間を乗り切らないといけません。
また待機児童問題もあり確実に1年で復職するとは限りません。
中途採用の場合、率先力として採用されるケースが多く仕事が慣れてきた頃に休みに入られてしまうと会社側としても新しい人も採用できずに困ってしまいます。
そのため結婚を理由に転職するとなると、他の候補者と比べると不利になってしまう可能性があります。

家庭を優先にする傾向が強い人という印象を持たれる

結婚を期に転職する方で、家事と仕事の両立ができる会社を希望する場合があります。
会社としてワークライフバランスを推奨している会社であればお互いに求めているものが合致するので転職先にぴったりです。
しかし会社によっては入社後、残業や土日出勤をしなくてはいけない場合があります。
家事と仕事の両立がしたいという転職理由だと仕事が二の次にされてしまわないか、仕事に対する意欲が低いのでは無いかと思い採用を渋ってしまう会社があるのも事実です。

転職を考えているなら結婚前と後どちらがいいの?

結婚前に転職をする場合のメリットは、結婚後の人生設計を立てやすくなります。
例えば、結婚するために「収入をアップしたい」や「新居をどこにする」など結婚後の生活も踏まえて転職活動ができます。
結婚後に転職をする場合のメリットは、結婚式や新婚旅行など一段落してから仕事に集中できるタイミングで転職ができるということです。

転職後のことを考えることも重要

結婚を機に転職をする場合、その後のライフプランを考える必要があります。
例えば転職後に入籍した場合、結婚式・新婚旅行などを予定していることがあると思います。
結婚式準備のために休暇をとる必要があったり、新婚旅行に行くために長期休暇の申請が必要になります。
周りから入社直後に休みが多いと、理由が仕方ないとは言え仕事の意欲が無いような印象を持たれたり、重要な仕事は任せられないと判断されてしまう場合があります。

そのような事態を防ぐためにも、転職活動の段階で結婚式や新婚旅行が決定している場合は、転職エージェントの方に伝え、事前に企業側に状況を伝えておいた方が良いでしょう。
事前に伝えておけば、入社後マイナスな印象を持たれることはありません。入社前に会社の考え方も垣間見ることができるので事前に相談することは良いことです。
あまり無いとは思いますが、会社が万が一結婚・出産後働きづらいような社風の会社であればこの段階でお見送りとなるはずのため事前に知れてよかったということにもなります。

まとめ

結婚と転職は同時にすると不利とも言われていますが、最近では女性の働き方が見直されたり、役職についている女性も多く、企業としても積極的に女性を採用している傾向もあります。
結婚を機に転職することが不利ではなく、結婚だけが転職理由になった場合企業としては採用を渋る傾向があるということです。
企業は少しでも長く働いてくれる人を採用したいため、面接で仕事に対する考え方やキャリアプランなどをしっかり説明できるように準備しておくことが大切です。

bn_touroku.w.png

作成:八尋ハンナ
日本・香港での人材紹介会社と海外医薬品の営業経験を活かし「転職」「働き方」「海外生活」「海外医薬品」「AGA」に関する記事の執筆が可能。趣味は海外旅行と読書。

作成日 2018/07/10