派遣社員は自由度の高い働き方ができることが魅力の1つです。
結婚後や出産後など家事と仕事を両立したい女性には自分のペースで仕事を選べるので派遣社員という働き方に向いています。
しかし、正社員は派遣社員と比べると安定や社会的地位があります。 

この2つは生活していく中で重要と考える方は多いのではないでしょうか。 派遣社員から正社員を目指す方向けに正社員になる方法をご紹介します。

正社員と派遣社員の違い

正社員と派遣社員の大きな違いは、雇用主の違いです。
正社員の雇用主は勤めている会社派遣社員の雇用主は登録している人材派遣会社となります。
雇用主が違うことにより同じ社内で働いていても正社員と派遣社員ではボーナスの有無や、福利厚生が異なります。また、派遣社員の場合正社員に比べて社会的信用が低いため住宅ローンの審査などが厳しくなる可能性があります。

派遣社員から正社員になるメリット

派遣社員から正社員になるメリットは、無期雇用のため1つの会社で長く働けることです。1つの会社で長く働けるためキャリアアップもイメージしやすくなり、仕事に対するモチベーションが保ちやすくなります。
また、勤めている会社の福利厚生も受けられるようになります。会社によっては、ボーナスや退職金などを受け取れる場合もあります。正社員は、派遣社員と比べると時間的拘束が長くなることが懸念点としてあげられます。
しかし最近では、企業でも働き方の見直しが始まっているため社員が長く働きやすい環境を整えようとする会社が増えています。

派遣社員から正社員になる方法

派遣社員から正社員になる方法はいくつかありますが、なるべく早く正社員になりたい方向けの正社員になる方法を2つご紹介します。

紹介予定派遣

派遣社員から正社員になりたい方にお勧めなのが『紹介予定派遣』です。正社員を前提として派遣社員として企業に派遣されることです。最長6ヶ月の派遣社員として働いた後、お互いの合意のもと正社員として入社するかどうか決める方法です。
紹介予定派遣とはいえ、絶対に正社員になることが約束されているわけではありません。しかし、いつ正社員になれるかわからない会社で派遣社員を続けるより効率的な方法です。
紹介予定派遣のメリットとしては、正社員として会社に入る前に会社の雰囲気や仕事内容を確認できることです。

正社員への転職

一般的には、派遣社員から正社員になるのは難しいと言われています。しかし今現在派遣されている会社で正社員になれる可能性はどれぐらいでしょうか。派遣社員という窓口で会社に入った場合、その会社で正社員になるのは簡単なことではありません。
正社員になるために一生懸命働いたとしてもいつ正社員になれるかは約束されません。それであれば、正社員を募集している会社への転職活動を始めたほうが早く正社員になれる可能性が高いです。

まとめ

現在派遣社員として働いていて正社員になりたいと考えている場合、まず派遣で働いている会社で正社員になれる可能性があるか、派遣会社の担当者や企業の雰囲気などで察する必要があります。 一番わかりやすいのは派遣社員から正社員になった実績があるかどうか、どんな人が正社員になったのか。確認してみるとよいでしょう。

現在勤めている派遣会社で正社員になることが難しいと思ったら、正社員になれるよう転職活動をスタートしましょう。

派遣社員の方が正社員になるためのおすすめの転職方法は2つです。

  • 紹介予定派遣の制度を使う
  • 正社員への転職

紹介予定派遣も正社員への転職も一人で行うには簡単なことではありません。ご自身の転職活動のパートナーとなってもらえる転職エージェントを見つけることが正社員になるためには最短ルートとなります。

bn_touroku.w.png

作成:八尋ハンナ
日本・香港での人材紹介会社と海外医薬品の営業経験を活かし「転職」「働き方」「海外生活」「海外医薬品」「AGA」に関する記事の執筆が可能。趣味は海外旅行と読書。

作成日 2018/07/17