実は、パパも育休が取れることをご存知でしょうか?
育休はママが取ることが当たり前になりつつある日本。育休中で仕事が休みだからといってママが一人で子育てをすることは簡単なことではありません。
ママに育児を任せっきりになっているパパも多いのではないでしょか。この記事では、パパも一緒に育休が取れる、パパ・ママ育休プラス制度についてご説明します。

パパ・ママ育休プラス制度とは?

パパ・ママ育休プラス制度とは、パパとママ両方で育児休業を取れる制度です。
育休プラス制度は、平成22年に育児・介護休業法の改正により特例として認められるようになりました。まだまだ、日本では、男性が育休を取るのは一般化していません。
パパ・ママ育休プラス制度では、男性も育休(育児休業)を取得することを推奨し、パパが育児に参加することを目的とした制度です。パパが育休を取れることで、ママの負担が減ったり、ママが育休から復職したときにサポートしたりできます。パパ・ママ育休プラス制度は、2人で子育てができる貴重な時間となるでしょう。

パパ・ママ育休制度では、条件を満たした場合、最長子供が1歳2ヶ月まで育休を取得することができます。パパ・ママ同じ時期に一緒に休暇とるということではなく交代で取ることも可能。
注意が必要なのが、パパ・ママふたり緒に1歳2ヶ月まで育休を取れるというわけではなく、それぞれの育休取得最長期間は1年です。

パパ・ママ育休プラス制度を取得するための条件

パパ・ママ育休プラス制度を使用するための条件についてご紹介します。
厚生労働省では要件を以下のように記載しています。

※以下の説明では、配偶者はママ、本人はパパのことを言います。

  • 配偶者が子が1歳に達するまでに育児休業を取得していること
  • 本人の育児休業開始日が、子の1歳の誕生日以前であること
  • 本の育児休業開始予定日は、配偶者がしている育児休業の初日以降であること

パパ・ママ育休プラス制度を利用できるのは法律上婚姻関係が認められている場合だけではなく、 事実婚でも取得することができる制度となっています。

特にパパ・ママ育休プラス制度を利用するにあたり、注意していただきたいのが、要件の2つ目にも書かれている「本人の育児休業開始日が、子の1歳の誕生日以前であること」です。ママが育休を取得していたとしても、子どもの1歳の誕生日以降はパパは育休を取得することはできません

なんとパパは育休が2回取れる?!パパ・ママ育休プラス制度

特例でパパは一定の要件を満たした場合、育休を2回取得することができます。ママの産後休業と呼ばれている出産後の8週間以内にパパが育休を開始して終了している場合、再度育休を取得が可能。
里帰り出産をせず近くに頼れる両親がいない場合は、出産後の体が動きづらい時期にパパが育休を取得してくれるとママは安心して産後の疲れを取ることができるでしょう。

ママが専業主婦でもパパ・ママ育休プラス制度は取れる?

育児・介護休業法の改正以前、ママが専業主婦の場合は、会社は、パパの育休申請を拒否することができました。しかし改正後は、ママが専業主婦でも、会社はパパの育休申請を拒否することはできなくなりました。

パパ・ママ育児プラス制度の給付金は

パパ・ママがそろって育休を取得した場合、心配になるのは生活費用かと思います。育休中は原則会社からの給料支払いはありません。しかし雇用保険に入っている場合は条件を満たせば給付金(育児休業給付金)の受け取りが可能となります。パパの育休中の給付金は、ママのもらう育児休業給付金の計算方法と同じです。

まとめ

こちらの記事では、パパ・ママ育休プラス制度について書きました。

パパ・ママ育休制度を取得するには以下のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • 配偶者が子が1歳に達するまでに育児休業を取得していること
  • 本人の育児休業開始日が、子の1歳の誕生日以前であること
  • 本の育児休業開始予定日は、配偶者がしている育児休業の初日以降であること

パパ・ママ育休プラス制度は、あまり浸透していない制度のため会社に申請しづらいと思うパパも多いでしょう。しかしお子様が赤ちゃんの時期は一瞬です。ぜひ、一瞬で終わってしまう赤ちゃんの時期、家族で過ごした時間はきっといい思い出になるでしょう。

bn_touroku.w.png

作成:八尋ハンナ
日本・香港での人材紹介会社と海外医薬品の営業経験を活かし「転職」「働き方」「海外生活」「海外医薬品」「AGA」に関する記事の執筆が可能。趣味は海外旅行と読書。

作成日 2018/06/13