20代半ばに入り仕事にも慣れてきて、やりがいを感じだした頃「仕事楽しい!!」「今の仕事好きになれないな」「結婚したら仕事をやめよう」と人それぞれ仕事に対して感じていることは異なるでしょう。

30代が近づいてくると、周りの女性たちも結婚して専業主婦になる人、キャリアウーマンとしてバリバリキャリアアップしていく人と二極化してくるでしょう。
どちらかを選ぶことが正しいというわけではありません。

ただ、女性は20代後半から30代前半にかけてライフイベントである結婚や出産を迎える方が多くなる年齢になります。そのため働き方を考えるタイミングになることでしょう。
20代のうちに漠然としていても良いので、30代、40代...どう働いていきたいか考えてみてくださいね。
この記事では、30代で自分らしい働き方に近づくために20代で考えてほしいことについて書きます。

20代のうちに考えたいこれからの働き方

20代のうちにこれからどのように働いていきたいか考えてみてくださいね。選択肢はたくさんあります。

  • 今の会社で仕事を続けていく
  • 今の会社で出世する
  • 転職する
  • 資格をとり、資格を使った仕事に就く
  • フリーランスになる
  • 起業する
  • 派遣社員、パートタイムとして働く

20代のうちにこれからの働き方を考えた方がいい理由は「いろいろ試すことができる」からです。

例えば、フリーランスになるとしましょう。もし20代半ばでフリーランスに挑戦したもののうまくいかず正社員に戻ろうと思った時、30代後半でフリーランスに挑戦して正社員に戻るより圧倒的に20代の方が正社員に戻りやすいでしょう。
これは、フリーランスだけでなく、転職、資格取得、起業、派遣社員(パート)に関しても同じです。

20代のうちに考え、試すことができると30代では自分にあった働き方に気づくことができるでしょう。

20代と30代どちらが転職しやすい?

20代と30代どちらが転職しやすいか?年齢が若い方が転職しやすいと考える方が多いのではないでしょうか。
確かに、未経験の職種に転向したいと思った場合は年齢が若い方が転職では有利になることが多いです。しかし転職は一概に若ければ良いというわけではありません。

20代でどのような仕事につき、仕事からどのような学びを得てきたのかが30代では重要です。30代になると転職が難しいと考え、20代で焦って転職する必要はありません。
もしかしたら30代になってから新しい仕事に転職したいと考える可能性があります。そう思った時に転職ができるよう20代のうちにできることを増やす必要があります。

例えば、会社で積極的に新しいプロジェクトに参加、昇格試験を受けたり、資格を取ったりなど。
どれが30代になった時に役立つかわからないですから、興味を持てることはなんでも挑戦してみると良いでしょう。

30代でワークライフバランスに悩む女性が多い理由は

30代前半は特にワークライフバランスで悩まれる方が多いです。
理由は、結婚・出産という人生のターニングポイントを迎える方や、社会人になり10年目を迎えてみてこのライフスタイルを続けるべきかと考える方が増える時期だからです。

また、産休・育休を終えて仕事復帰したものの、子育てをしながら働いてみると出産前と同じ働き方ができずもどかしくなったりする場合もあります。なかなか20代の時と同じ働き方が難しくなります。しかし、最近は「女性活躍促進法」や「働き方改革」などの施策が政府により推し進められています。

今は、出産や結婚によりキャリアを諦めてしまったりする方もいますが、これからはもっと働き方を自由に選べるようになるため、今よりももっとワークライフバランスが取りやすい社会になるでしょう。

さいごに

この記事では、"20代のうちに考えよう。30代自分らしい働き方をするために"というタイトルについて書きました。30代で自分らしい働き方をするためにも20代のうちに様々なことに挑戦してみると良いでしょう。

20代で挑戦したり努力したことが30代になったときキャリアの選択肢を増やすことにつながるでしょう。今やっていることが将来に役立たないと思うこともあるかと思いますが、何が役に立つかはわかりません。
もし何か挑戦したりする勇気が無いという方は、今の仕事と向き合ってみることをおすすめします。

どう働きたいかがわからない場合は、「どういう生活を送りたいか」という風に視点を変えて考えてみることをおすすめします。

bn_touroku.w.png

作成:八尋ハンナ
日本・香港での人材紹介会社と海外医薬品の営業経験を活かし「転職」「働き方」「海外生活」「海外医薬品」「AGA」に関する記事の執筆が可能。趣味は海外旅行と読書。

作成日 2018/06/28