妊娠はおめでたいことで、とても喜ばしいことです。しかし働いている女性にとっては妊娠の報告を「いつ?」「どうやって?」会社へ報告するか悩ましいものです。
また、浮かれすぎて報告すると嫌悪感を持たれてしまう場合もあります。会社へ報告する時は落ち着いて冷静に報告することを心がけると良いでしょう。

妊娠中は、体が思い通りに動かないことも多くなり、職場の同僚に業務を助けてもらわなくてはいけない場合もあるでしょう。
そのため、同僚に理解してもらうためにも妊娠を報告する際のマナーは気をつけましょう。
この記事には会社に妊娠を報告するタイミングについて書いています。

会社へ妊娠を報告する理由は?

働いている女性の中には、妊娠がわかった段階で退職することを決めているため、妊娠の報告が不要と考えている方もいるのではないでしょうか。
しかし、妊娠中は何が起こるかわからないものです。
妊娠がわかった時は、会社には迷惑をかけることはないと思っていても、急に体調が悪くなって出社できないということが起きる可能性もあります。 また、休みがちになると会社への印象もよくありません。

会社へ妊娠を報告する理由は大きく2つです。

自分の体調に合わせて、無理せず仕事を続けるため

特に妊娠中は無理は良くありません。他の妊娠している人が何事もなく仕事ができているからといって辛いのに無理はよくありません
自分の体調を理解してもらうためにも会社へ妊娠を報告する必要があります。

会社側は人員の調整が必要になるため

社員が産休・育休と長期休暇に入っている間、他の社員で仕事をカバーする必要があります。そのため引き継ぎや配置転換を検討しなくてはいけません。
また、職種によっては妊娠後続けることが難しい場合は早急に対応が必要になる場合があります。

妊娠の報告タイミング会社・状況によってそれぞれ

妊娠の報告タイミングは、会社の雰囲気や状況によってもそれぞれ事情があるためタイミングは人それぞれです。一般的には、安定期に入る直前の妊娠3ヶ月〜4ヶ月目で会社に伝える方が多いようです。
ただ、先ほど書いたことと重複しますが妊娠中は何が起きるかわかりません。早めに会社に伝えられるなら、早めに伝えたほうが良いでしょう。

会社に妊娠報告を躊躇する一つの理由に、妊娠初期は流産のリスクもあります。そのため安定期に入ってから会社へ報告したいと考える方も多いです。
しかし万が一流産となってしまったり、切迫流産ということも可能性としてはありえます。もし、そうなった時は会社を休まなくてはいけません。
例えば、会社の規模が小さかったり、役職についている方で同じ業務を担当している社員が他にいないような場合は、早めに会社に伝えることがマナーでしょう。

会社の規模が小さい場合、他の社員でカバーできるのか、人員を増員する必要があるのか会社として十分検討しなくてはいけないため時間が必要でしょう。また役職についてる方の場合、クライアント・業務の引き継ぎなど他の社員を育てるための時間が必要になります。
または、会社規模が大きく他の女性社員も多く産休・育休を取っているような会社であれば 社員の産休・育休中の対応方法のノウハウもあるため混乱もなくスムーズに業務の引き継ぎができるでしょう。

妊娠報告の際のポイント

妊娠を報告する時は、嬉しい気持ちは抑えて、冷静に上司に報告することが大切。他の同僚にも配慮できる振る舞いを意識して報告することを心がけると良いです。
上司に妊娠報告する際のポイントは3つあります。

出産予定の時期

出産予定時期をしっかり伝えましょう。
「妊娠○ヶ月に入りました。○月○日出産予定です」

この際、退職を検討している場合は、退職を予定している旨も合わせて伝えます。
出産予定日を伝えることで、上司はいつから産休・育休に入ることがわかるため産休に入るまでのスケジュールを考えることができます

通院頻度

通院頻度も伝えましょう。妊娠を経験したことない人は病院の通院頻度はわかりません。
会社を休むまたは遅刻・早退などして通院する予定がある場合は、妊娠の報告と合わせて通院頻度を決まっている範囲で伝えると良いです。

業務に対して

例えば、以下のような仕事をされている方は妊娠と同時に職種を変更しなくてはいけないでしょう。

  • 立ち仕事
  • 夜勤/生活が不規則な仕事
  • 重い荷物を運ぶ仕事

これに該当しなくても、妊娠中は満員電車が辛いなど妊娠前と同じ生活が難しくなる場合があります。
妊娠を報告する際、体調のことや会社に要望があれば合わせて相談しましょう。

権利を主張しすぎない

産休も育休も働く女性の権利です。しかし権利ばかり主張しすぎてしまうと悪印象を持たれてしまったり、相手が協力しようという気持ちがなくなります。上司(同僚)の気持ちを考えて報告しましょう。

さいごに

妊娠の報告するタイミングについて書かせていただきました。
最近では女性の働き方も多様化しているため、一般的に言われている妊娠3〜4ヶ月と決めて報告するのは難しい場合もあります。会社の状況や、周りの同僚への配慮を忘れず自分の体調に合わせて会社へ報告するのがマナーです。

bn_touroku.w.png

作成:八尋ハンナ
日本・香港での人材紹介会社と海外医薬品の営業経験を活かし「転職」「働き方」「海外生活」「海外医薬品」「AGA」に関する記事の執筆が可能。趣味は海外旅行と読書。

作成日 2018/06/29