働きがなら子育てをしているママなら、急な子どもの発熱に悩まされた経験があるのではないででしょうか。子どもの発熱は、仕方がないこととわかっていても、
「さっきまで元気だったのに...」
「なんで今日に限って...」
「明日会社休まなきゃ...」
と、思ってしまうことありますよね。

そして子どもは、大人に比べると頻繁に体調を崩します。 熱があると保育園も預かってもらえません。
「また...」会社に言わなきゃと心苦しいですよね。

すべての会社が子どもの病気で休むことに理解があるわけではないということが、働くママの肩身を狭くしていることでしょう。
この記事では、働くママ向けに子どもが発熱した時、どう対応するのが良いかについてご紹介します。

baby.jpg

急な子どもの発熱、どう対応する

急な子どもの発熱で会社を休む時、最初に考えることは、同僚やクライアントに迷惑がかからないようにすることが大切です。
きっと、子どもの発熱で会社を早退したり、休みを取るという経験は、一度や二度ではないですよね。だからこそ、周りへの配慮が必要になります。

子どもが体調を崩すことは、致し方のないことです。だからと言って、休むことを当たり前のような態度を取られたら、一緒に働いてる方からは印象が良くありませんよね。
理由はどうあれ、仕事を休むことには変わりありません。周りに迷惑をかけてしまっているといことは、忘れないようにしましょう。

上司に休む旨の連絡をする時に、
  • 自分が対応しなくてはいけない仕事
  • 対応を依頼しなくてはいけない仕事
  • 翌日出社できるのかどうか
をまとめて伝えられるように用意します。

また上司も急に口頭だけで説明されても、把握できません。 併せてメールで詳細を連絡する旨を伝えましょう。

また、子どもの急な発熱やケガがなどを想定して、いつ休んでも同僚たちにスムーズに仕事を引き継げるよう、自分の仕事の「見える化」をしておくことが大切です。

実際、子どもが発熱で会社を休む時は、病院に行ったり、看病でバタバタして会社への連絡がスムーズに取れないです。そのため、日頃から急に休んでも周りの人が代わりに仕事ができるよう用意しておくことで、少しでも同僚の負担を減らせるよう準備しておきましょう。

どうしても休めない時は?

子どもが急な発熱で、どうしても休めない仕事の時もあると思います。そういう時は、自分一人で解決しようとするのではなく、周りを頼りましょう。
子育ては一人でするものではありません。家族、地域、と協力することが必要です。

パパに頼む

まず、自分が休めない時は、パパに協力してもらいましょう。
ママが当たり前に休む必要はありません。もしお互い1日休むのが難しいなら、半日ずつ休むなどして交代しながら子どもの看病をするという方法もあります。

病児保育という選択

体調が悪い子どもを、他の人に預けるのは心苦しいでしょう。
母親としての責任があるように、会社員としても責任があります。どうしても休みが取れない時は仕方ありません。
万が一に備えて、病児保育をしてくれる場所を調べ、安心して預けられる場所を見つけておきましょう。 今では、病児保育をしている市区町村や、ベビーシッターサービスがあります。
地域や周りの力を借りて子育てをするという選択があることに目を向けてみましょう。

さいごに:子育てしやすい会社ですか?

小さい子どもを抱えて働き続けるには、会社の社風が大切になります。今働いている会社は子育てしやすい会社と言えますか?
会社の規模や、他に子育てしている女性社員がいないと、子育てがしづらいと感じることもあるでしょう。子どもの体調不良で休むことに対して嫌味などを言って来るような会社だとしたら、それはいい会社ですか?

子育てするにあたり、家族の協力も必要不可欠。それと合わせて必要なのが、会社が子育てに理解があるということです。もし、今の会社が働きづらいと思うなら、他の会社を探すのも一つの選択です。
子どもにとって親はパパとママだけです。だけど、仕事は他にもたくさんあります。子育てを優先に考え会社を選んでみるのも一つの方法です。
bn_touroku.w.png
作成:八尋ハンナ
日本・香港での人材紹介会社と海外医薬品の営業経験を活かし「転職」「働き方」「海外生活」「海外医薬品」「AGA」に関する記事の執筆が可能。趣味は海外旅行と読書。

作成日 2018/8/27