会社や家庭で、できればイライラすることなく、穏やかに過ごしたいと理想を持っている方は多いのではないでしょうか。しかし現実は理想とかけ離れていて些細なことでイライラしてしまうことが多いと思います。
例えば、
「急いでるのに子供が駄々をこねる」
「レストランでの提供が遅い」
「上司から理不尽な指示を受ける」
「友人が約束の時間に来ない」
など、人によっては1日に何度もイライラしてしまう、という日もあるでしょう。

そして、イライラしたり、誰かに怒ったりすると疲れませんか。意外と怒りは文句を言えばストレス発散をしているかと思われますが、人はイライラするにも、クレームをつけることにもとても体力を使います。
では、1日に1度もイライラしない日ができたらどうでしょうか。考えただけでも頬が緩むのではないでしょうか。
この記事では、日々のイライラすることなく過ごすために「アンガーマネージメント」について 紹介します。

anger.jpg

アンガーマネージメントとは

アンガーマネージメントとは、1970年代にアメリカで生まれた心理療法プログラムです。日々イライラしている方は、「イライラしない(怒らない)なんて無理」と思いませんか。
アンガーマネージメントは、決して怒らないという訳ではありません。怒りの感情を自分でコントロールできるようにすることです。アンガーマネージメントは、怒る時は怒りを衝動的に爆発することを防ぎ、適切に怒れること。そして、怒る必要のないことは怒らないように制御できるようになることです。

アンガーマネージメントが注目される理由

ストレス社会

昨今はストレス社会とも言われ、ストレスを抱えイライラしている人が多いです。
ストレスを抱え込んでしまった結果「怒り・イライラ」をコントロールすることができず、人間関係がうまくいかないと悩まれる方もいます。環境を変えることも解決策の一つではありますが、怒りとうまく付き合うことができない限り、環境を変えても人間関係を良好に築くのが難しいでしょう。
そのため最近では、人間関係を良好に保つ方法としてアンガーマネージメントが注目を集めています。

ハラスメント問題

社内では、部下を強く注意しただけで「パワハラ」の扱いを受けてしまうこともあり、部下の教育方法に悩まれている方も多いかもしれません。今の40代~50代の管理職の方は、若手の頃上司に怒鳴られ、必死に上司についてきた経験のある人もいるでしょう。

しかし時代の流れで自分が上司からされた同じことを今の若者にしてもうまくいかない、できないということから、結局どう接していいかわからなくなります。そのため、企業でも部下を適切に注意して成長を促せるようなマネージメントが必要になり アンガーマネージメントに注目が集まっています。

怒りをコントロールする方法

次に怒りをコントロールする方法をご紹介します。

衝動のコントロール

衝動的に怒ってしまうことありませんか。でも人の怒りのピークは6秒間と言われています。6秒間我慢できれば、冷静に怒りをコントロールできるようになります。何か嫌なことを言われても、衝動的に言い返すことがなくなり、人間関係を壊すことはなくなるでしょう。
怒り任せに発言してしまうと、大抵の場合相手を傷つけたり不愉快にしてしまう恐れがあります。怒りを感じた時は、頭の中で6秒数えるなどしてクルーダウンの時間を持つことを習慣にしましょう。


思考のコントロール

「~べき」と考える時は注意が必要です。例えば、「家族はこうあるべき」「待ち合わせ時間10分前に来るべき」「仕事の進め方がこうあるべき」のような「~べき」です。自分のルールと相手のルールが違った時、相手に対して不信感を抱き、怒りが生まれます。
人それぞれの価値観があり、すべての人が自分と同じと言うことではありません。少しずつでいいので自分が許容できる範囲を広げる努力が必要です。

行動のコントロール

自分が怒って、どうにかできる問題かどうかという判断をできるようにすることを行動のコントロールと言います。例えば政治に不満があるとします。しかし、自分が怒ってもどうにも解決できない問題ってありますよね。自分がコントロールできない問題について怒ることを諦めることも必要です。


怒りをコントロールするメリット

怒りをコントロールできると人間関係を良好に保ちやすくなります。イライラすると余計な一言を言ってしまいがちですよね。怒りをコントロールできる、すなわち感情をコントロールできるようになります。自分がイライラしないと、周りの人ともギスギスすることはありません。

さいごに

この記事では、アンガーマネージメントについて書きました。日頃、頭でわかっていてもイライラしてしまうことあると思います。その場合は、自分の怒りに対して衝動、思考、行動の何をコントロールすればいいか考えてみてくださいね。最初は反射的に怒ってしまうこともあると思います。しかし練習していくうちに、自分の怒りを客観視できるようになるでしょう。
「なぜ自分は怒っているのか?」を考えてみる習慣をつけることが、アンガーマネージメントを理解するコツです。
bn_touroku.w.png
作成:八尋ハンナ
日本・香港での人材紹介会社と海外医薬品の営業経験を活かし「転職」「働き方」「海外生活」「海外医薬品」「AGA」に関する記事の執筆が可能。趣味は海外旅行と読書。

作成日 2018/09/06