"生理痛"と一言で言っても人それぞれ生理痛の痛みは異なります。生理痛の痛みが全く無い人もいれば、生理中はひどい痛みに耐え椅子に座っていることだけで精一杯という人もいます。
生理痛が無い方でも、生理中はイライラしやすかったり、気が重かったりなど精神的な不安を抱えながら働いています。

「生理痛がひどすぎて何も考えられない」
「吐き気が止まらない」
「ネガティブな感情に押しつぶされそうになる」
など、生理痛は女性の業務効率を下げてしまいます。だからこと生理痛とは上手に付き合う必要があるでしょう。

女性が1ヶ月に1度億劫になりながらも向き合っている生理痛。
この記事では、生理休暇についてご紹介します。是非、女性の部下を持つ男性にも読んでもらえたら嬉しいです。

taityou.jpg

生理休暇とは?

使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求した時は、その者を生理日に就業させてはならない。
生理休暇とは、労働基準法第68条で定められています。

女性社員が、生理痛が辛いから休みたいと言った場合、会社は休みを認めなくてはいけないということです。また現状の法律ですと、女性社員がひと月に申請できる日数の上限はありません。申請があれば、1日単位ではなく半日、時間単位で取得することも認められています。
生理休暇を有給または無給扱いにするかは、労使間(労働者と使用者)の話し合いにて決定します。就業規則に賃金に関する記述が無い場合は、生理休暇は原則無給です。そのため生理休暇を取得する場合は、事前に確認しとくと良いでしょう。

生理休暇が取りづらい理由

生理休暇は、1947年に制定されました。制定されて50年以上経過しているのにも関わらず生理休暇の存在を知らない方も大勢います。女性の労働者が増えているにも関わらず、生理休暇の取得率は下降傾向です。
もちろん、生理用品や薬の開発が進んでいるということが取得率低下の要因の一つにあります。しかし、なぜ生理休暇取得率は上がらないのでしょうか。それは、生理休暇が取りづらいということにあります。

生理休暇が取りづらい理由は、何でしょうか。

上司に言いづらい

特に上司が男性の場合、生理で休みたいと言いづらい、相談しづらいと思う女性が多くいます。もし、日頃から業務最低限の会話しかしない上司だったら、急に「生理だから...」というのは抵抗がありますよね。
これから、男性管理職が生理痛について理解を示せるよう、会社は研修などを行い、生理痛について知見を広める必要があります。

生理は病気ではないから休みづらい

生理痛は、病気ではないため診断書もありません。多少の体調不良で会社に行くのは当たり前となっている方にとって、生理痛で会社を休むという選択肢を持つことは難しいのかもしれません。
確かに生理は病気ではありません。しかし生理痛が原因と考えられる体調不良(腹痛、腰痛、吐き気など)は業務を遂行することが困難の場合もあります。生理痛が重い時は会社を休むことも選択肢の一つにしましょう。

周りの女性は休まず働いてる

周りの女性は休まず働いているから、生理で自分だけ休みづらいと思う方もいるでしょう。確かに人員不足などにより休むことが難しい会社もあります。
しかし、生理痛の重い、軽いは、人それぞれ異なります。ですので周りの女性が休まず働いているから、自分も休んではいけないと思う必要はありません。自分の体調を優先に考えることは悪いことでなく大切なことです。

さいごに:生理中の働き方

最近では、生理中はリモートワークを利用したり、休憩をとりながら仕事ができるなど、女性が働きやすいよう様々な対策を取り入れてる会社もあります。
しかし、現状は生理痛のために会社が働きやすい環境を整えているというのは一握りでしょう。なので、まだまだ女性は自分の体調を自分でコントロールする必要があります。
だからこそ、他の女性と自分を比べることなく、自分の体を大切に無理がないようにしてください。今後「生理休暇」の制度がもっと社会に浸透すれば、女性にとって働きやすい社会に変わっていくでしょう。
bn_touroku.w.png
作成:八尋ハンナ
日本・香港での人材紹介会社と海外医薬品の営業経験を活かし「転職」「働き方」「海外生活」「海外医薬品」「AGA」に関する記事の執筆が可能。趣味は海外旅行と読書。

作成日 2018/09/07