転職活動中、きっと誰もが目にするであろう求人票。応募するor応募しない、の基準はどこで判断していますか?
「仕事内容」「勤務地」「給与」「休日」など人それぞれ求める働き方も異なるため、チェックポイントは異なるでしょう。
もちろん、どのチェックポイントも正しいです。しかし、求人票はバランスが大事。
  • 給料が良いけど、みなし残業時間が長い
  • 仕事内容に興味があるけど、給与が安い
  • 条件は良いけど、通勤に時間がかかる
など、応募の可否を「年収」と一つのトピックで判断するのではなく、「給与×労働時間」など掛け合わせで判断することが大切です。
この記事では、求人票の読み方について書きます。

woman_fine.jpg

求人票を正しく読むことが転職成功のカギ

なぜ求人票を正しく読むことが転職成功のカギになるのでしょうか?
理由を2つ説明します。

会社選びを失敗しないため

転職した後に、「後悔した」思うことのないよう求人票をしっかり読む必要があります。
例えば、給与が相場より高い場合。勤務時間にみなし残業時間が含まれていたり、ずっと求人を公開しているものの応募が全く来ないため給与を高めに設定しているなどの理由が考えられます。
また、求人票で気になった部分は、会社のホームページの採用情報と照らし合わせることで自分の中の違和感をなくしてから応募しましょう。
人材紹介会社を利用している場合、企業へ質問しづらい内容などをコンサルタントが代理で確認してくれます。

内定を取る事前準備のため

求人票には、条件だけでなく求める人物像などについても書かれています。企業は求人票を作成する時、自分たちの考えや、事業を共感できる人を採用したいと考えます。そのため、会社の想いが書かれているのが求人票です。
求人票を読むことで志望動機が書きやすくなったり、面接対策の準備をすることができます。

求人票のチェックポイント

求人票のチェックポイントを4つご紹介します。応募する前にチェックしてください。

仕事内容

今回募集しているポジションの仕事内容が書かれています。書かれている仕事内容とポジション(職種)名に相違がないか確認してください。
入社後、ポジション名と仕事内容が想像していたのと違うというミスマッチを防ぐためです。

給与

求人票に書かれている金額は「額面」であり、手取り額ではありません。だいたい額面から、年金、保険料、税金などが引かれた金額が入金されます。
年俸制の場合は、1年間を通して給料が決まっています。決まった給料を月ごとに分割して支払われる方法で、年俸制は原則ボーナスがありません。
他、給与にみなし残業代も含まれている場合もあるのでしっかり確認しましょう。


福利厚生・待遇

福利厚生・待遇は、入社後の働きやすさに直結します。福利厚生がしっかりしている会社の方が働きやすいと考えてよいでしょう。福利厚生は、会社が社員のモチベーションを保ったり、働きやすさを考えて作られたものです。
  • 住宅手当
  • 保養所の割引
  • 短時間勤務制度
  • 持ち株制度
  • 財形貯蓄
  • 外部研修補助
会社によってユニークな福利厚生を用意している場合もあります。

さいごに

この記事では、転職を成功するための求人票の読み方を以下の2つに分けて説明しました。
  • 求人票を正しく読むことが転職成功のカギ
  • 求人票のチェックポイント
複数の求人票を見比べることにより、読み方を理解できるようになるでしょう。
希望の会社を見つけることも、希望の会社から内定をもらうもためにも求人票がカギになります。求人票には大切な情報が多く含まれているため、見落しのないようしてください。
bn_touroku.w.png
作成:八尋ハンナ
日本・香港での人材紹介会社と海外医薬品の営業経験を活かし「転職」「働き方」「海外生活」「海外医薬品」「AGA」に関する記事の執筆が可能。趣味は海外旅行と読書。

作成日 2018/09/10