よくニュースで耳にする「働き方改革」。
働き方改革関連法が2018年の7月に公布され、順次施行されることになりました。
2019年の4月1日から、(企業規模によりますが)働き方が変わります。
具体的には何が変わるのでしょうか?
それについて見ていきましょう!

参考:「働き方」が変わります!/千葉市
働き方改革特設サイト/厚生労働省

PASONAZ160306170I9A2357_TP_V4.jpg

変化すること

残業時間の上限規制
残業時間の上限は、月45時間・年360時間となります。
臨時的な特別の事情がある場合でも、
・年720時間以内
・複数月平均80時間(休日労働を含む)
・単月100時間未満(休日労働を含む)
を超えることはできません。
改正前は残業時間の上限がなく、行政指導のみでした。

施行
大企業:2019年4月~
中小企業:2020年4月~

有給休暇の年5日取得
年5日は有給休暇の確実な取得が必要となります。
※10日以上の有給休暇が付与される労働者に限る
有給休暇が与えられるのは、半年間継続して雇われていることと、全労働日の8割以上を出勤しているのが条件となります。

施行
2019年4月~

同一労働・同一賃金
同じ企業内で、正規雇用労働者と非正規雇用労働者間での基本給や賞与などの不合理な待遇差が禁止となります。

施行
大企業:2020年4月~
中小企業:2021年4月~

1.jpg

まとめ

働き方改革」についての中身が少しお分かりいただけましたか?
働きやすい環境になって、今までよりも質の高い仕事をできるようになりたいですね!
中小企業はこれからの施行となりますが、あなたの理想とする働き方にピッタリな企業と出会えるよう、お手伝いできればと思います。

作成:大森美樹
求人広告会社で5年間、新規営業、フォロー営業、制作などを経験。400社以上の採用サポートや原稿を作成し、2018年には全国求人情報協会「求人広告賞」入選。趣味はフルート演奏と歌を歌うこと。

作成日 2019/4/4


女性の仕事@千葉Top