皆さんは、「ポジティブ・アクション」という言葉をご存知ですか?
男女均等法で、どちらかの性別を募集する、ということはできませんが、ポジティブ・アクションに取り組んでいる企業は女性を積極的に募集することが可能です。
今回は、そんなポジティブ・アクションについて詳しくみていきましょう!

(参考:ポジティブ・アクション / 厚生労働省)

ポジティブ・アクションってなに?

例えば、「営業職の女性がほとんどいない」「管理職は男性が大半」といった、男女労働者の間の差を解消するために、企業が行う取り組みのこと。
男女の均等な取り扱いを実現するために必要な取り組みです。
ポジティブ・アクションに取り組んでいる企業は、HPなどにこのようなマークがあります。

kirara.jpg

どんなことをしている企業があるの?

ポジティブ・アクションと言っても、具体的にどんな取り組みをしているのでしょうか?
一例を取り上げたいと思います。

 株式会社S 
  • 採用拡大:すべての採用面接に女性面接官を配置し、公正な選考をするように徹底。女性を積極採用していることをHPなども通して紹介
  • 職域拡大:販売職の女性社員を増やすために、販売職に異動した社員にキャリアカウンセリングなどを行う。配属先の上司への研修や説明会も実施
  • 職場環境の改善:ネット上で社員が相談できるコーナーを設置

  • 取り組んだことによってどうなった?

    取り組みをしている企業には、こんな変化があったようです。

  • 職場の雰囲気が良くなった 88%
  • 職場に活気が出た・女性社員の責任感が向上した 86%
  • 女性社員が積極的に意見を述べるようになった 85%
  • 女性社員の活躍が会社の利益に貢献した 84%
  • 男女社員の満足度が向上した 83%
  • 女性社員のチャレンジ意欲が向上した 81%
  • 顧客ニーズに的確に対応できるようになった 77%

  • (参考:PositivE Action / 厚生労働省)

    871436b16cc63be3a0bb661d1872fd3b_s.jpg

    まとめ

    上記のように、この取り組みをしている企業では活気が生まれ、雰囲気がよくなっていたり、男女とも仕事に満足感を得られるようになっていたりと、働きやすい社風になっている可能性が高いと思われます。
    女性を積極採用しているチャンスに乗っかり、あなたの働きたい仕事ができると良いですね♪
    そんな企業の求人も掲載していけるように頑張っていきます!

    作成:大森美樹
    求人広告会社で5年間、新規営業、フォロー営業、制作などを経験。400社以上の採用サポートや原稿を作成し、2018年には全国求人情報協会「求人広告賞」入選。趣味はフルート演奏と歌を歌うこと。

    作成日 2019/4/17


    女性の仕事@千葉Top