新卒採用を積極的に行っている企業情報を、求人情報とは違う目線でお届けします!
この企業をもっとり知りたいと思ったら、社長インタビューや会社HPも見てみてくださいね。

shinei.jpg

株式会社新栄 代表取締役 林 卓也

当社は抜打ち加工・プレス加工と言われる、加圧することで任意形状を打ち抜く加工法のプロフェッショナル集団。
金属以外のゴムやプラスチックの素材を扱い、OA機器・車両・インテリア・工業向け部品の製造を行っています。特に電話、テレビ、ラジオ、コンピュータといった「弱電」と言われる分野に強みを持っています。

事業内容と業績について

当社は、電機メーカーや自動車メーカーなどで製品を作る際に必要となる、細かい部品を主にプレス加工で製造する加工メーカーです。
有線電話・無線通信・テレビ・ラジオ・ステレオ・コンピュータといった「弱電」と言われる分野に強みを持っていて、中でも企業向けパソコンの製造に多く関わっています。
企業向けパソコンは個人向けパソコンと違い、出荷台数は横ばいで堅調な他、様々な業界との取引が広がっています。

また、とてもニッチな分野で強みを持っているので、新たな会社が設備投資をして参入してくるということはありません。
その中でシェアを確実に伸ばしていますから、ここ数年、売上利益ともに10%~20%くらいの成長率を維持しています。
シェアを伸ばしている最大の要因は、メーカーからの短納期でイレギュラーな依頼に応えられる対応力を持っているためです。

全ての製品に対してこの対応が求められる訳ではありませんが、状況によっては短納期での製造が発生します。
当社はここでの対応力が国内トップレベルだと自負しています。


社員教育・社風について

こうした対応力のためには、とても基本的なことですがチーム一丸となって納期を共有し、そこに間に合わせるために全員が同じ方向をみて一丸となることが大切です。

こうした意識面の共有ができていないといくら技術力があっても、対応力はあがりません。
ですから新入社員研修では「我々の仕事の基本はお客様の時間軸で納期を考える」ということを一番初めに教えています。

無茶な納期で依頼が来た際に「無理」という答えを出さないのが当社の競争力。
「どうやってお客様の納期に間に合わせるか」を徹底的に追求する社風をとても大切にしています。



働き方について

働く環境の改善にはとても力を入れています。
3年前に社長に就任した際、社員全員が高いモチベーションを持って働けるよう、一番初めに環境改善と給与アップを行いました。
給与水準は同業他社の120%と明言し、それ以降昇給も毎年2%のペースで行っています。残業代も100%支給、1分でも超えたらしっかり支払っています。

ですが、みんな、決められた時間の中で効率よく仕事をしようという意識があるので、月の残業時間は平均15時間程度におさまっています。
評価の仕組みも一新し、自分の頑張りが会社にどう貢献しているのか、これまでわかりづらかったので、ここを明確にする評価制度も導入しました。


取材担当者の声

Michael.jpgただ単に「製品をお客様の手元に届ける」だけを目的とせず、お客様の立場に立って悩みを解消する解決力と、素早い対応力を武器にこれまで堅実に経営を続けてきました。

モノづくりはヒトづくりと捉え、人間力の向上に役立つ教育体制や研修を取り入れているのも、同社の強みでもあります。
2019年度採用に伴い、同社ホームページでは入社案内パンフレットを確認することができますよ♪
株式会社新栄について
社長インタビュー https://chiba-ceo.com/int/cat01/shinei
会社HP http://shinei-p.co.jp/
前年度採用情報 営業事務、一般事務、営業、製造、品質保証
2019年募集は、入社案内パンフレットまたは直接企業へお問い合わせください。

社長インタビュートップへ