新卒採用を積極的に行っている企業情報を、求人情報とは違う目線でお届けします!
この企業をもっとり知りたいと思ったら、社長インタビューや会社HPも見てみてくださいね。

shinkou.jpg

新光重機株式会社 代表取締役 中尾 繁昭

千葉県内10営業所で建設機械(ショベルカー、ブルドーザー、ダンプ等)のレンタルを行う会社。
400種類2万台の機械を扱うのは、千葉県の地場レンタル会社としてトップシェアとなります。

業界について

建設機械のレンタル業界はとても厳しい環境になっていますが、経営のやり方次第で企業成長が可能です。
当社は、今年の決算で過去最高の売上、利益を達成しました。

その要因の1つは、他社との圧倒的な差別化。
MEFシステムという、お客様が使いやすいように故障しにくいように、機械をカスタマイズしてから貸し出しているシステムが特徴です。
お客様のニーズに合わせてカスタマイズしているからこそ、当社の機械が選ばれています。


人材育成について

人材育成を、会社の経営方針の最重要項目にしています。
入社後は商品知識に関する研修を1ヶ月半、その後は社内研修や外部研修などを導入しています。

リーマンショック後、景気の大幅な後退があった際に、経営をもっと良くしていくためには何が必要かと考えました。
その時、やはり人材の育成に投資すべきだと思い、利益の10%を社員教育の予算としました。

様々な研修制度を用意していますが、研修制度は別の効果も発揮してくれました。
当社は11箇所の営業所があるので、中々全社的なコミュニケーションを取ることは難しいですが、研修のおかげで社内コミュニケーションが活発になりました。
営業所間の連携やチームワークの向上に役立っています。


組織の雰囲気について

全社のチームワークを高めるために、他店研修や社内掲示板の活用なども積極的に行っています。
各営業所独自の情報を発信し、他の営業所が真似をします。
負けじと活動して発信していくので、各営業所がチームワークを持ち、切磋琢磨する組織が出来上がっています。

また、女性がたくさん活躍しているのも当社の特徴ではないでしょうか。
窓口となる受付業務は、業界では珍しく40年も前から女性が行っておりました。
能力の高い戦力として、現在もどんどん女性を採用・育成しており、今では女性管理職も10%を超えました。

ウェブサイトのリニューアルやテレビCMを使った広報活動、IR活動に加え、今年は人事評価制度も改定しました。
その他、社員同士3名以上で旅行に行った際に、一人あたり補助金5,000円を出すという「たびほじょ制度」や週1回のノー残業「生産性アップデー」の導入など、新たなチャレンジも行っています。

「この会社に入ってよかった!」と思ってもらえるように、今後も働きやすい環境を整えていきたいと思います。
社員一人ひとりが会社の成長に関わっていってもらいたいですね。


取材担当者の声

George.jpg働きやすさをどんどん整え、成長を続けている会社です。
優しく気さくな先輩がたくさんいますので、安心して成長していけます♪
下記求人や採用ホームページをご覧ください!
いづみ自動車株式会社について
社長インタビュー https://chiba-ceo.com/int/cat03/shinko-juki
会社HP http://www.shinko-juki.co.jp/
採用情報 整備スタッフ、本社スタッフ、営業職、フロント事務
2019年募集情報は直接企業へお問い合わせください。