特に20代の若手の応募者からよく寄せられる疑問として「アルバイト経験しかなくても、正社員に転職できる?」というものがあります。
もちろん答えはイエス。フリーターから正社員になった例は決して少なくありません。

ですがほかの応募者と勝負するためには、じっくりと戦略を練る必要があるのも事実。
そこでこの記事では、アルバイト経験しかない人が正社員へ転職する際に気をつけたいポイントを解説していきます。

ganbaru.jpg

リーダーや育成担当の実績をアピール

アルバイト経験しかない方が正社員に転職を考える際、「自分には正社員としての勤務経験がないから、不可能なのでは」と考えてしまうことがあります。
たしかに経歴だけを比べれば、正社員経験のある人の方が有利ではあります。

しかし中途採用で企業が求めるのは、「自社が求めるスキルを持った人材」です。
正社員経験があるかどうかよりも、どんなスキルを持っていて、どんな実績があるかを重視する。これは新卒の就職活動とは大きく異なる点でもあります。

そこでポイントとなるのが、普通のアルバイトスタッフよりも1段上の視点から仕事を見据えることができるかという点です。
職場のメンバーを束ねたり、スタッフの育成を担当したことがある実績が大きな強みとなります。

これまでの強みを活かせる職種選びを

たとえば飲食店の接客スタッフの経験があるなら、「店長候補」の求人に応募するなど、これまでのスキルや実績を活かせる職種を選ぶことも大切です。
つまり、勝てるフィールドで勝負するということですね。

20代のあなたなら、若さという「ポテンシャル」も大きな強みです。未経験を歓迎する求人を選び、働きながら資格を取得することによって正社員の中でもキャリアアップが可能となります。

「自分には強みがない...」と思える方も、ぜひ一度アルバイト経験を棚卸しし、企業にアピールできるスキル・実績がないか探してみてください。

企業が求めるスキルを分析する

書類上は不利に思えたとしても、企業が求めるスキルをしっかり持っていることをアピールできれば、正社員から転職するライバルとも同等に渡り合うことが可能です。
そのためにはまず、企業HPや求人募集をよく確認し、「どんなスキルの人材を求めているのか」を明らかにすることが先決です。

企業が求めるスキルに関連する実績があれば、それをアピール材料に加えるべきです。もし関連する実績がなくても、仕事に対する責任感や積極性を押し出すとよいでしょう。

場合によっては、自分のスキルが活かせる分野の企業へ転職するのも立派な戦略の1つです。

受け身な姿勢はNG

アルバイト経験しかない人によくありがちなのが、指示待ち人間になってしまうこと。
アルバイトという立場上、自分から積極的に動くよりも、指示に従って仕事を進める方が評価されやすいものです。

ところが正社員の場合、指示待ち人間は歓迎されません。むしろ顧客のために創意工夫を凝らし、指示される前に行動できる人間が必要とされているからです。

ですので、応募書類を書く際にも面接の際にも、消極的な姿勢は出さないようにしましょう。
「成長できる環境がありますか?」など、企業に育ててもらおうとする受け身な姿勢は絶対にNGです。

「正社員」にはこだわらない

逆説的に思えるかもしれませんが、アルバイトから正社員への転職を目指す場合、正社員を希望しない方がうまくいく可能性が高くなります。
「とにかく正社員に!」という強すぎる気持ちがあると、「アルバイト感覚で気軽に辞めてしまうのでは...?」という印象を持たれがちだからです。

ですので考え方としては、「正社員という立場ではなく、求人自体に魅力を感じた」というスタンスで選考に臨むのがおすすめ。
あえて正社員にこだわらない戦略が、正社員というポストを獲得する可能性を高めるのです。

即戦力への期待に応える努力を

正社員にこだわらない姿勢を持つと同時に、中途募集に対する「即戦力がほしい」という企業への期待に応える努力はしなければなりません。
ビジネスマナーを身につけることはもちろんのこと、仕事で必要な資格は取得しておくか、勉強中であることをアピールするとよいでしょう。

会社の研修制度を利用して「教えてもらう」という受け身な姿勢を取るのではなく、「自分で身につける」という積極性を見せることがポイントです。

面接でも、何か質問はあるかと問われた時に「入社までに勉強しておくべきことはありますか?」などと、意欲的な態度を示すとよいでしょう。
内定が決まったとしても気を抜くことはせず、より多くのスキルを磨く努力を忘れないでください。

まとめ

以上、アルバイト経験しかない人が正社員へ転職を考える場合に、押さえておきたいポイントについてお伝えしてきました。

たとえアルバイト経験しかなくても、正社員の職に就くことは十分可能です。そのためにじっくりと戦略を練って、人一倍努力する気持ちで選考に臨みましょう。

作成日 2018/08/31

千葉で転職