履歴書を手書きしたほうがいいのか、PCで作成してもいいのか。そんな風に悩んだことはありませんか?一昔前までは手書きが基本の履歴書でしたが、最近ではPCで作成したほうが喜ばれるケースも出てきています。

今回は手書きしたほうがいい企業、PCで作成したほうがいい企業と、それぞれのデメリット、見分け方について紹介していきます。

1.手書きするべき企業の傾向と、手書きのメリット

履歴書を手書きすることによって、履歴書からその人物の人柄が見えてきます。
文字は丁寧に書いているか、常識的な単語は正しく書けているかなどをチェックすることができる履歴書は、PCで履歴書を出す人が増えてきてからも根強い人気を誇ります。

実際、採用担当者の話では「手書きのほうが見慣れているので違和感が少ない」「求職者の人柄を知ることができる」という声が聞かれ、特に長い歴史を持つ企業や大企業の場合は手書きを好むケースが多いようです。

求職者からしても、PCで履歴書を書く人が多い中で手書きの履歴書を提出すれば、採用担当者の目に留まり選考に通りやすくなるメリットがあります。手書きの字に自信があるなら、積極的に手書きを選ぶ理由となるでしょう。

ただし、中には手書きの履歴書をNGとしている企業もあります。効率を重視するベンチャー企業や外資系企業、PC操作を前提として採用するIT企業などです。

2.PCで作成すべき企業の傾向と、PCのメリット

設立間もないスタートアップであったり、新しい取り組みやチャレンジ精神を理念に掲げる企業であれば、手書きよりもPCで作成した履歴書を好む確率が高くなります。
PCのほうがデータとして管理がしやすく、クセのある字を読まずにすむため採用活動も円滑に進みやすいからです。

また、一定のPCスキルを前提とするIT企業では、手書きの履歴書はむしろ敬遠される傾向も。ワードで作成した履歴書の提出を指定し、オフィス向けソフトをしっかり使える能力を持っているか、見極めようとする狙いがあるのです。

求職者からしてみれば、悪筆を隠すことができたり効率的に書類作成することができたりと、さまざまなメリットが得られます。氏名・住所のほか学歴や経歴などは、同じデータを流用して履歴書を作成できるため、時短にもつながるでしょう。

ただし、最近ではPCを使った履歴書を送る応募者が増え始めていることもあり、多数派の履歴書に埋もれてしまう可能性もあります。PCで履歴書を送る求職者が大半と思われる企業に対し、あえて手書きの履歴書を送付することで、採用担当者の心象アップを狙うのもひとつの戦略でしょう。

3.応募先がWEB上か郵送・持参なのかで判断する

ここまで古い企業か新しい企業か、IT重視かそうでないかを軸に手書き・PCの履歴書どちらを送るべきかを紹介してきました。ですが、もっと簡単にどっちの履歴書を送ったらいいかを判断するポイントがあります。それは、応募書類の提出方法をチェックすることです。

もし履歴書や職務経歴書の提出方法を指定している募集の場合、手書きかPC作成かを選ぶ基準は明確です。具体的には、WEBでの応募に添付、またはメールに添付して履歴書を送る場合にはPCで作成したデータを送付するのがベスト。

一方で、郵送して提出することを指定されている場合や、面接時に持参するよう指示されている募集の場合には、手書きの履歴書を出すことがおすすめです。

注意点としては、データでの履歴書送付を求められた場合に、手書きした履歴書をプリンターでスキャンし、データ化したものを送るのは避けたほうがよいということです。

「パソコンが得意じゃない人なのかも」という印象を与えかねませんので、データでの送付を指定されている場合には、PCで履歴書を作成して出力し、そのままメールやWEBフォームから送信するように心がけてください。

まとめ

以上、履歴書を手書きするべき企業と、PCで作成するべき企業の見分け方、それぞれのメリットなどについて紹介してきました。手書き・PCのどちらを選ぶべきかは、提出方法をチェックすることで容易に判断できます。

もし提出方法を指定されていないのであれば、応募企業の業種によって判断するとよいでしょう。

作成日 2018/06/12