「日給月給制」という言葉をご存知ですか?
日給・月給と付くから、給与の支払いに関することなのだろうと想像はついても、詳しくは知らない、という方も多いのではないでしょうか?

日給月給制とは

一般的には、

1ヶ月の定額制で、有給休暇を除く欠勤・遅刻・早退などがある場合、時間分を減額する賃金体系のこと。

※法的な定義・ルールはなく、一般的な解釈となります。

あ、私の賃金体系は日給月給制だった、と気付いた方もいるかもしれませんね。
日給月給制の制度がわかったところで、日給制・月給制などとの違いも見てみましょう。

日給制との違い

1日の定額制で、労働日数分が支払われる賃金体系のこと。
働いた日数で給与が決まる制度なので、月ごとに給与が変わる可能性があります。

休んだ日数で給与が決まるのが日給月給制、働いた日数で給与が決まるのが日給制ということですね。


月給制との違い

1ヶ月の定額制で、欠勤・遅刻・早退などがあった場合でも、月額が減額されない賃金体系のこと。
大げさな言い方をしてしまえば、いくら休んでも定額の給与が支払われるわけです。

1ヶ月の定額制は日給月給制と同じですが、休んだ分の減額がないのが大きな違いですね。
※「完全月給制」という呼ばれ方もします。


月給日給制との違い

1ヶ月の定額制で、有給休暇を除く欠勤・遅刻・早退などがある場合、時間分を減額する賃金体系のこと。
ここまでは、日給月給制と同じなのですが、
職務手当や時間外手当など、月単位で支給される賃金は控除されない
という違いがあります。

日給月給制と月給日給制の違いは、控除される対象の差ですね。


詳細は企業へ確認

今までの制度をまとめると、こうなります。
(完全)月給制:1ヶ月の定額制で、欠勤控除がされない。
月給日給制:1ヶ月の定額制で、欠勤した日を控除されるが、月単位の賃金(手当など)は控除対象外。
日給月給制:1ヶ月の定額制で、欠勤した日を控除され、月単位の賃金(手当など)も控除に含まれる。
日給制:1日の定額制で、出勤した日数分支払う。
一般的な解釈であり定義やルールがないので、企業によって持つ意味も異なります。
月給制だからこういうことだろうと自分の判断で決めつけて、いざ入社したら違っていた、なんてことがないように
不明点は事前に採用担当者へ確認をすることが大切です。

2017/12/18