ニュースなどで、最低賃金が改定される、最低賃金を引き上げる、といった話題を聞きませんか?
最低賃金が上がることについては、お給料が増えるバンザイ!という声もあれば、人件費高騰で経営が厳しい、給与が多少増えても外でお金を使わなければ経済は回らない...など賛否両論ありますね。

ところで最低賃金ってどんな決まりがあるのでしょう?

最低賃金とは

最低賃金とは、「最低限支払わなければならない賃金の下限額のこと」を言います。

つまりは、労働に対して誰もが貰える賃金額ということですね。

最低賃金法に基づき、国が賃金の最低限度を定めているんです。 なお、地域別に定められていて、47都道府県ごとに最低賃金額は違います。

そして産業や職種に関係なく、その都道府県内の事業所で働くすべての人に適用されています。

都道府県ごとで違うのですが、その差は221円。月間、年間に置き換えると、結構な差がありますね。

最高額は東京都の「958円」、
最低額は「高知県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県の737円」
となっています。


千葉県の最低賃金はいくら

※2018年10月より、時給額 895円への引上げとなります。改正後、当ページ情報も更新いたします。

千葉県の最低賃金は、平成29年10月1日より
時給額 868円
となっています。
(従来の842円から26円引上げ)

詳細は千葉労働局のHPへ

【ポイント】
  • 最低賃金額には、精皆勤手当、通勤手当、家族手当、時間外勤務手当、休日出勤手当、深夜勤務手当、賞与及び臨時の賃金は含まれません。
  • 月給制・日給制の場合は、時間額に換算して比較します。
  • 最低賃金の減額の特例が認められる場合もあります。


特定最低賃金

また特定最低賃金という、特定の産業を指定した最低賃金額もあります。

その地域の基幹となる産業の人材流出を防ぐため、過酷な労働とそうでない労働に公平性を持たせるため、といった理由があるようです。

特定最低賃金一覧

調味料製造業(味そ製造業を除く。) 889円
鉄鋼業 938円
はん用機械器具、生産用機械器具製造業 902円
電子部品・デバイス・電子回路、電気機械器具、
情報通信機械器具製造業
906円
計量器・測定器・分析機器・試験機・
測量機械器具・理化学機械器具製造業、
医療用機械器具・医療用品製造業、
光学機械器具・レンズ製造業、
時計・同部分品製造業、眼鏡製造業
887円
各種商品小売業 868円
自動車(新車)小売業 906円
最低賃金が上がるということは、企業にとっては人件費が上がるということで、経営に直結する変化となります。
人件費が上がっても困らない、売上・業績アップに繋がる好パフォーマンスが雇用側には求められますね。


最低賃金の詳しい内容については、千葉労働局労働基準部賃金室や、最寄の労働基準監督署にお問い合わせください。

作成日 2018/01/23(更新日 2018/09/13)

千葉で転職